基立剣士

生方 篤 剣士
六段
(調布剣連)

【第26回立切誓願試合】

平成26年1月20日(日) 天候 快晴 10:50 試合開始  14:40 試合終了

調布市剣道連盟主催による第26回剣道百面立切誓願試合が開催され、基立剣士・生方 篤 錬士六段(調布剣連)が、100試合を見事に立切りました。

調布市剣道連盟主催の百面立切誓願試合は、1人の基立剣士に対し、近隣市や他県から選ばれた挑戦剣士10人が次々と掛かり、挑戦剣士が十巡するまで基立剣士は合計100試合を立ち通します。
通常の試合と異なり、転倒や竹刀落としが相手への一本となります。

開催にあたり、調布市剣道連盟の長田会長より、「基立剣士の生方剣士は、この一年間の集大成ということで頑張って欲しいし、挑戦剣士は基立撃砕という使命を背負って正々堂々と頑張って欲しい」というお話をいただきました。

試合に先立ち、星文彦先生と久保山聡先生による日本剣道形の演武が行われました。

挑戦剣士 ※写真をクリックすると試合前のインタビューが吹き出しで表示されます。

北澤剣士 志村剣士 西澤剣士 渡邊剣士 宮川剣士
北澤 将道 剣士 志村 信一郎 剣士 西澤 秀一 剣士 渡邊 陽介 剣士 宮川 健 剣士
五段 四段 五段 六段 七段
(綜合警備保障) (関東医師剣連) (調布剣連) (山梨県剣連) (多摩実剣連)
米山剣士 青柳剣士 石上剣士 林田剣士 黒木剣士
米山 祐司 剣士 青柳 健太郎 剣士 石上 強 剣士 林田 英樹 剣士 黒木 聡明 剣士
五段 五段 六段 七段 七段
(府中市剣連) (銚子剣連) (日野市剣連) (多摩市剣連) (稲城市剣連)


開会式前 会場

開会式前 生方剣士

開会式前 本部

開会の辞

開会の辞

主催者挨拶・来賓紹介

開会式 その1

開会式 その2

開会式 その3

日本剣道形演武

剣道形

▲このページのトップへ

試合の様子

直前準備

閉会式前

閉会式 その1

閉会式 その2

閉会式後 その1

閉会式後 その2

全試合終了後、基立剣士インタビュー

本当に一年前はどうなるかと思いましたが、始まったら絶対やってやるんだという気持ちの方が強く、途中きつくて倒れたかったが、「転倒しない、竹刀を離さない」というのが一つの目標で、それが達成でき、とてもうれしいです。
こういう形で満願成就でき、試合時間が長くて飽きたかもしれませんが、皆さんのご協力で達成できた事を大変うれしく思います。
本当にありがとうございました。

生方剣士、満願成就おめでとうございました!

試合 北澤剣士 志村剣士 西澤剣士 渡邊剣士 宮川剣士 米山剣士 青柳剣士 石上剣士 林田剣士 黒木剣士
第一回戦 × × ×
第二回戦 × × ×
第三回戦 × × × ×
第四回戦 × × × × ×
第五回戦 × × × ×
第六回戦 × × × ×
第七回戦 ×
第八回戦 × × × × ×
第九回戦 × ×
第十回戦 × ×
凡例 ○:基立勝ち  △:引き分け  ×:基立負け (各セルをクリックするとyoutube掲載の各試合が見られます) 
大位

紅梅の根本に骸の様な融けた残雪がありあだかもこれから立切誓願試合の凄惨な攻防を予測しているかの様な浅春であった
立身流の白い幟りが今日の剣士達の士氣と斗志を鼓舞する様に洗心館の門の両側に立てられていた
こうして第十一回の立切り誓願の悲壮な試練の儀式の火蓋が落とされたのであった
然して意外だったのは次々に挑む多勢の雄猛なる剣士群を相手に敢然と斗う基立ちの弧剣は回を重ねるも確かにその衰を見せずかえって打ち出す技は鋭く冴えて
その後背に心技一体のゆとりさえ見せた脅威と畏敬の誓願試合であった

▲このページのトップへ